夏のインフルエンザの特徴

インフルエンザというと冬にかかるものと考えがちですが、実は夏に風邪だと思っていたらインフルエンザということもあるのです。夏にかかるインフルエンザの特徴を知ることで早めの対策が可能になります。
日本で流行るタイプにはA型、B型、C型などがありますが、海外の熱帯地方などでは1年中流行っています。海外からの外国人も多く日本を訪れており、東南アジアなどから新しい型は入ってきやすい状態です。このように新型ウイルスは日本で発生しやすくなっており夏でもかかることがあるのです。
夏のインフルエンザの特徴は、冬に流行るタイプの症状と同じ症状です。
体温が38度以上、関節や筋肉など体の節々が痛くなる、体がだるい、寒気、頭痛、めまいなどがあるなどです。これらの症状が夏にある場合は夏風邪ではなく、まずはインフルエンザを疑います。夏風邪と勘違いすることが一番恐ろしい状態で、感染症なのでしっかりと症状を把握しないと子供や高齢者、妊婦にとっては命に関わる場合もあるのです。
夏風邪の症状は、かかってから潜伏期間が数日ありだんだんと風邪の症状がでてきます。お腹や喉に風邪のウイルスが繁殖して頭痛や発熱、のどの痛みなどがあります。
夏のインフルエンザにかからない対策は、特に夏は暑いため、体内の栄養や水分が不足しがちで、免疫力が低下します。夏は睡眠をとり、食事で栄養をとります。夏は熱中症などもあるため、特に食事と水分をとることは夏バテ防止のためにも常に心がける必要があります。また、夏でも外出から帰ったら手荒いとうがいを忘れてはいけません。
夏にもインフルエンザがあることを忘れてはいけません。これが一番大切なことで、風邪の症状と違うと感じたら夏バテなどと考えずにインフルエンザも疑い、感染させないためにも早めに病院を受診することが大切です。