インフルエンザ予防で重要事項は宿主に近づかないこと

乾燥時期になるとウィルス感染による病が流行するのですが、そのウィルス感染による病気の種類の中で特に重度の種類に入るのがインフルエンザです。インフルエンザはインフルエンザ菌が体内に入り込むことで繁殖することによって、通常の風邪の症状である熱と吐き気そして全身の倦怠感が風邪よりも長時間続きさらに感染者によって広がる菌の媒介の速度が速いことで危険度の高いウィルス感染として認知されています。その性質を持っていることで一度感染した人は症状が治まった後でも感染を広げることになりかねないので隔離されて日常生活に支障をきたすことになるため、その乾燥した時期になったら各地で感染経路を抑え込む予防が行われるのです。その予防方法とはどんな方法なのかというと、ウィルスの性質は微生物と違い自分の力だけでは生きる力がないため別の体に宿ることで栄養を得て生き残るようになります。一般的にインフルエンザの宿主というのは南極近くにいる渡り鳥であり、渡り鳥が排出した糞などと一緒に出てきたウィルスが別の生き物に感染して形を変えるのです。ウィルスは宿主がいなければ生きていけないので、元々自分の性質として存在している渡り鳥に感染していたとしても渡り鳥の遺伝子が無害化するので渡り鳥に症状は出ないのです。しかし渡り鳥が糞などで排出すると宿主の体から抜け落ちたことで自力では生きていけないため、そこに存在した物に付着して栄養を得ようとします。その存在した物が哺乳類であった場合ウィルスによっては良い環境下になりますが、もともと体の中に入っていないものなので体が過剰に反応し先に言った症状を引き起こすことになります。そのため各地でお子縄得れる予防には原因の菌が渡り鳥から来るので型が分かるので、その型にあった形の薬を投与することで症状を抑えるのです。